お知らせ

ノロウイルスの予防を心がけてください。

ノロウイルスは、冬季の「感染性胃腸炎」の原因となるウイルスです。11月くらいから増えはじめ、12月~翌年1月が発生のピークになります。

ノロウイルスの主な症状には吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度です。通常、これら症状が1~2日続き、治癒し、後遺症もありません。
感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。
発症した場合、このウイルスに効果のある治療薬はありません。このため、通常、対症療法(症状に対処する治療)が行われます。

水分と栄養の補給をこまめに行いましょう。脱水症状がひどい場合には病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。いわゆる下痢止め薬は、使用しないことが望ましいでしょう。

ノロウイルス食中毒を防ぐためには、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱することが重要です。ノロウイルスに感染した人のふん便や吐ぶつには大量のウイルスがあります。

ノロウイルスを失活化するには、次亜塩素酸ナトリウムや加熱による処理があります。

2019年01月19日

インフルエンザの流行する季節です。

インフルエンザが流行する季節です。手洗い、うがいを励行するようにしてください。もし、インフルエンザを疑う症状(発熱、咳、鼻水、関節痛、全身倦怠感など)があり、周りにインフルエンザに感染した方がいらっしゃる方は、マスクを着用の上、あらかじめ受付にてお知らせください。必要に応じて検査を行います。

なお、当院での今年度のインフルエンザワクチン接種は終了いたしました。

2018年12月07日

電子カルテ

H29年11月2日より当院では電子カルテシステムを導入します。再来患者様にも再度問診表の記載をお願いすることになります。お手数とは思いますが、ご協力お願いいたします。 

2017年10月30日

当院は院内処方です。

当院では厚生労働省の指導に基づきジェネリック医薬品を積極的に採用し、医療費の軽減に心がけています。そうすることは患者様の自己負担金を軽くすることになるからです。
また、患者様の緊急的な処方に対応できるように院内処方を基本としております。
薬剤についての情報提供・情報開示についても積極的に行っておりますので、ご不明な点などありましたら適宜お申し付けください。
新規薬剤の場合や希望がある場合は院外処方にも対応しております。また、往診診療が必要な場合は院外処方となります。
薬の中で副作用が全くないものはほぼありません。従って、これまでに薬剤が合わないなどの副作用があった患者様は必ずスタッフにお申し出ください。また、先行医薬品から後発品(ジェネリック医薬品)に変更後体に合わないなどの副作用が出現する場合もあります。お薬が変更になった際には適宜採血検査を行っていきますが、体の調子が悪いなどありましたら、必ずお申し出ください。

 

2016年08月02日

各種健診、健診について

住民健診(特定健診)・肺がん(胸部検診)・胃がん検診(ABCリスク検診)・大腸がん(便鮮血)・前立腺がん(PSA検査)・肝炎検診(B型肝炎・C型肝炎)・乳がん検診・骨粗しょう症検診(骨量測定)など随時、行っております。

2016年08月01日

健康保険について

受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
保険証がない方は保険外での診療になりますのでご注意ください。 

2016年08月01日

各種ワクチン接種について

予防接種として、小児ワクチン接種(風疹ワクチン・MRワクチン・日本脳炎ワクチン・四種混合ワクチン・水痘ワクチン・おたふくワクチンなど)、肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)、B型肝炎ワクチン、A型肝炎ワクチン、インフルエンザワクチン等に随時対応しております。ご希望の方は医院受付、または電話でお問い合わせください。

*ワクチンは取り寄せになる場合があります。

**インフルエンザワクチンは在庫がなくなり次第終了となります。予約はできませんので、ご了承下さい。

2016年08月01日