肝炎・肝臓病外来

肝臓病外来

肝臓専門医が指導・治療を行います。

会社の健診で肝機能異常と言われた方、最近何となく身体がだるいと感じている方・・・ 一度、診察を受けてみませんか? 肝臓は体に必要な蛋白質を作ったり、糖質の供給源となるグリコーゲンを貯蔵するほか、解毒機能を発揮して生命の維持には欠かせない重要な臓器です。

肝炎ウイルス(B型、C型肝炎ウイルス)やアルコール性などによる慢性肝臓病のほか、近年ではメタボリック症候群に関連する慢性肝障害(非アルコール性脂肪性肝障害:NAFLD、非アルコール性脂肪性肝炎:NASH)が多くなっています。

その他、自己免疫性肝炎、原発性胆汁うっ滞性肝硬変、薬剤性肝障害、一過性ウイル性肝炎、肝膿瘍、肝がん(転移性肝がん、原発性肝がん)胆道閉塞性疾患(総胆管結石症、すい臓がん、胆管癌、十二指腸乳頭部がん等)、日本住血吸虫症など肝障害は様々な原因で生じますので、鑑別することが重要です。

肝臓病は放置すると肝硬変や肝臓がんに進行する危険もあるため、早期に適切な治療を行い、また適切なタイミングで経過観察することが大切です。

 

当院ではできる限り早めに診断治療をお勧めするために来院時に持参された健診データや服薬履歴、問診、診察の上で必要な検査をご説明します。


B型慢性肝炎

B型肝炎ウイルスの感染によって持続的に肝臓が破壊されていく病気です。 慢性肝炎から肝硬変、さらには肝臓がんに進行することがあります。 近年、治療法の開発が進み、以前は治療困難であった症例に対しても有効な治療(抗ウイルス薬の継続内服治療)が行えるようになりました。 国の治療費助成もありますので、是非ご相談ください。

C型慢性肝炎

C型肝炎ウイルスの感染によって持続的に肝臓が破壊され、多くの場合、慢性肝炎から肝硬変、さらには肝臓がんに進行します。 元々はインターフェロン療法が唯一有効な治療でしたが、近年、抗ウイルス薬の内服による治療によって9割以上の方が完治するようになってきました。 国の治療費助成制度もありますので、是非ご相談ください。


慢性肝疾患は肝硬変や肝臓がんの危険性の観点から、治療や経過観察を一生涯継続することが大切です。


当院では他院にて治療を導入された患者様の紹介受け入れも行っています。
転勤先や他の病院で治療を導入後、できれば家の近くで治療を継続したい。たまには病院での検査も受けたいという方は是非当院にご相談ください。
どの病院とも連携を行って、治療を続けていくことができます。