便潜血検査陽性の方は無症状でも大腸カメラの適応です。

がん対策の基本は、とにかく「早期発見・早期治療」

早期のがんやポリープはほぼ症状がありません。


大腸ポリープや早期の大腸がん(ステージ1)の場合、9割以上が完治する傾向にあります。完治すれば、がんになっても元気に過ごせます。

自覚症状がない早期に発見するには内視鏡検査(大腸カメラ検査)が大切です。

 

 

 


当院の大腸カメラ検査について

内視鏡検査について

1) 消化器内視鏡専門医・消化管専門医(経験内視鏡症例数:胃10000件以上・大腸5000件以上・治療内視鏡2000件以上)が検査を行います。

2) 当院では富士フィルム社製のレーザー光源を用いた内視鏡システムを採用し、微細な病変の早期に発見に努めます。特殊光と拡大機能が付いたファイバーで詳細な観察を行うことが可能です。

3) 肛門から直径10~12mmの内視鏡(大腸カメラ)を挿入し、直腸から盲腸にいたる大腸の内部を観察。
ポリープや大腸炎、大腸がん、憩室症、痔核などの診断をします。検査前に下剤を飲んで大腸内をきれいにしておきます。可能な限り苦痛の少ない検査を心がけます。

4) 当院では静脈麻酔薬(ミダゾラム)を使用して鎮静状態で検査を行います。鎮痛剤は使用せずに検査を行いますが、腹部手術の既往歴があるなどの場合、疼痛が強い方では必要に応じて鎮痛剤を併用します。以前苦痛が強かったなど、不安があればあらかじめお知らせください。

5) 精査が必要な場合は生検を行い、当院外来で切除可能な病変については、事前の同意がある場合は内視鏡的切除を行い、病理検査を行います。

※ 鎮静下での(眠っての)検査を行う場合、ご自分の運転での自動車や自転車でのご来院はご遠慮下さい。鎮静薬を使用した場合は、帰宅後も当日の運転はお控えください。

※ 鎮静剤を使用した場合、検査終了後30分から1時間、ベッド上で休んでいただきます。必要に応じて鎮静剤の作用を中和するお薬(フルマゼニル)を使用し、深い鎮静からの回復を早めるようにします。

大腸カメラ検査の流れ

当院が行っている大腸カメラ検査の流れをご紹介します。


1)予約申し込み
まず受診をしてください。その際、大腸カメラ検査を検討している旨お伝えください。便秘症の方は予め排便管理薬を処方いたしますのでお伝えください。必要に応じてレントゲン検査を事前に行います。予約時に前処置薬をお渡しします。前処置薬モビプレップについてご説明するビデオを見ていただきます。


※電話予約は行っておりません。まず受診をお願いします。診察させていただいた上で既往歴・内服薬によっては当院での検査が出来ない場合があります。

2) 内視鏡検査前日
検査前日の夕食は午後8時頃までに済ませてください。水分(牛乳、ジュース以外)は適度にとっても結構です。

夕食は海藻類、きのこ類、繊維の多い野菜、種のある果物などを避け、炭水化物(お米・パン・うどんなど)を中心とした消化の良い食事をとってください。就寝前に下剤を服用します。

3)内視鏡検査当日
検査当日は朝から食事を摂らないでください。水やスポーツ飲料、お茶など透明なものは飲んでも構いません下剤の服用は、午前8時30分頃より、自宅で下剤(腸管洗浄剤)を服用(2時間以上)します。

安全に検査をするために、針を腕の血管に入れ、腸の緊張をとるための鎮けい剤を使用します。必要に応じて少量の鎮痛剤を用いることもあります。

軽い鎮静作用のある薬を点滴で投与し、検査をおこないます。
検査時間は異常がなければ約10分前後、細胞をとったりする(生検や切除など)と約15~30分かかります。

ポリープ、早期がんなど異常所見が疑われた場合、特殊光観察で病変を細かく診断していきます。

検査後は鎮静剤の効果が切れて説明が理解できるようになるまで、回復室で休んでいただきます。

結果説明:検査終了後、撮影した画像をモニターで確認しながら検査結果の説明を受けます。

内視鏡検査を受ける際の注意点

前処置が大切です。便が遺残していると詳細な検査ができなくなります。できる限り食物残渣の残りにくい食事を摂取するようにし、便秘を解消したうえで検査を行うようにしてください。

 

※ 腸閉塞となると緊急入院が必要になってしまうため紹介が必要となります。高度な便秘が疑われる場合や腹痛がひどい場合にはx線検査を行ったうえで入院施設のある病院へご紹介させていただきます。

※ 安全に検査を行うことを第一とするため、前処置を安全に施行できないと考える患者様は入院施設のある病院へご紹介させていただきます。

※ 生検を行わなかった場合は約1時間ほどで飲食ができますが、精密検査のために生検を行った場合には長めの絶食管理が必要になります。安全のために医師の指示に従ってください。

大腸カメラの費用について

大腸カメラ検査の窓口支払い代金の目安です。

鎮静剤を使用した場合、精密検査のために生検検査(病理検査)や便汁培養検査などを行った場合には追加代金がかかりますので、ご了承下さい。

1割
負担
2割
負担
3割
負担
大腸カメラ
2500~
2700円
大腸カメラ
5000~
5400円
大腸カメラ
7500~
8100円
ポリープ
切除
7000~
9000円
ポリープ
切除
14000~
18000円
ポリープ
切除
22000~
29000円

 

  1割負担 2割負担 3割負担
大腸カメラ
(必要に応じて
特殊光拡大観察)
2500~
2700円
5000~
5400円
7500~
8100円
大腸ポリープ
切除
7000~
9000円
14000~
18000円
22000~
29000円

当院の大腸カメラの特徴

 

当院では鎮静剤を使用した大腸カメラ検査を選択できます。また、全ての患者様の苦痛軽減のため、炭酸ガス送気装置を使用した大腸内視鏡検査を行っています。

通常の空気を送気する内視鏡検査では検査後にお腹が張りやすく、苦痛が出やすい検査となりますが、炭酸ガスは比較的すぐに吸収されるために検査中、検査後の苦痛が軽減されます。