当院の胃カメラ(内視鏡)検査は経鼻(鼻から)、麻酔下(眠って)など選択できます。

当院の内視鏡検査

1)消化器内視鏡専門医が精度の高い検査を行います。
2)直径5mmの超細径内視鏡(経鼻対応胃内視鏡)と直径9mmの通常内視鏡の2種類を採用し、可能な限り苦痛の少ない検査を心がけています。
3)当院では患者様の希望に応じて、口からのみならず、鼻から挿入して経鼻内視鏡検査(経鼻胃カメラ)を行うことも可能です。
4)患者様の要望があれば、静脈麻酔薬を使用して鎮静状態で胃カメラを行うこともできます。
5)検査当日に必要に応じてピロリ菌の抗体検査を行うことができます。
6) 精査が必要な場合は生検を行い、病理検査を行います。

 鎮静下での(眠っての)検査を希望の場合、ご自分の運転での自動車や自転車でのご来院はご遠慮下さい。鎮静薬を使用した場合は、帰宅後も当日の運転はお控えください。

※ 鎮静剤を使用した場合、検査終了後30分から1時間、ベッド上で休んでいただきます。

経鼻内視鏡検査と経口内視鏡検査


当院では、常に患者様の立場に立ち、肉体的・精神的苦痛の少ない胃カメラ検査を心がけています。 下記に記載しましたメリット/デメリットを理解した上で、ご不明点、ご希望を医師にご相談ください。どの内視鏡検査を行ったとしても、精査の為に細胞の採取(生検)が必要な場合には行うことができます。

経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)のメリットとデメリット

メリット
●麻酔に用いる薬(キシロカイン)が比較的少量であるため、体への負担が比較的少ない。
●鎮静剤を使用しないので、検査後に仕事をすることも可能。
●カメラの経が細いため、痛み、嘔吐反射を軽減できる。
●検査中に会話ができる。
●のどの麻酔を行わなくても検査ができる。

デメリット
●内視鏡の挿入により鼻出血など、鼻粘膜が傷つく恐れがあるので、鼻の疾患のある方は避けた方がよい。
●カメラの管が細く、吸引管が狭いので、食物残渣があると観察が著しく不良になる。
●鼻腔が狭い場合には挿入ができないこともある。(その場合は経口に切り替えて検査を行います。)
●鼻の麻酔(前処置)に少し時間(5分程度)がかかる。

経口内視鏡(口からの胃カメラ)のメリットとデメリット

メリット
●通常のカメラを選択した場合は、カメラの管が太く、ライトも明るいので病変部分をより鮮明に見られる
●鎮静剤を使用しなければ、検査後に仕事をすることも可能。
●口からの細い胃カメラを挿入することも可能で、その場合は嘔吐反射を軽減することができる。

デメリット
●のどの麻酔薬(キシロカイン)が苦い。
●のどの麻酔薬の副作用で気分の悪くなる方が稀にいる。
●咽頭部を刺激するため、吐き気や苦しさなどの不快感がある

鎮静剤(眠ってする胃カメラ)を使った内視鏡検査のメリットとデメリット

メリット
●眠っている間に検査が終了するので、苦痛をほとんど感じることが無い。
●麻酔薬のアレルギーがある場合、麻酔薬を使用せずに検査をすることも可能である。
●嘔吐反射が強い方でも検査をすることができる。

デメリット
●検査後、麻酔から覚めるまでのことを覚えていない。
●検査前に点滴(薬を注入するルート)を確保する必要がある。
●検査当日は運転ができない。
●検査終了後、約1時間程度休んでから帰宅することになる。
●検査終了後しばらくの間は仕事をすることは控えた方がよい。

 

胃カメラ検査の流れ

当院が行っている苦痛を抑える胃カメラ検査の流れをご紹介します。

検査前日: 夕食は午後7時頃までに済ませ、それ以降は何も食べないでください。水分は就寝前まで適度に摂ってかまいません。

検査当日: 飲食(水を除く)、喫煙、薬の摂取は避けてください。 検査終了まで食事は一切摂れません。
※常用薬を服用されている方は、事前に医師にご相談ください

来院後:受付を済ませ検査室に移動し、消泡剤(胃の壁をきれいにする、やや苦い白い液体)を飲みます。ここまでの手順は口からも鼻からも同じです。

検査:のどの奥をキシロカイン(麻酔薬)入りのスプレーで麻酔します。鎮静剤を使用して検査を行う場合は、点滴をしてドルミカム(鎮静薬)の注射を行います。鼻から挿入する場合には鼻の麻酔を行います。
※ただし、キシロカインスプレーにはアルコールが含有しています。アルコール過敏症の方は事前にお伝えください。

結果説明:検査終了後、撮影した画像をモニターで確認しながら検査結果の説明を受けます。


内視鏡検査を受ける際の注意点

※胃カメラ検査では検査中に衣類が濡れたり、汚れてしまうことがあります(予防措置は行いますが、唾液や洗浄水、特殊な色素などが飛び散る可能性が十分にあります。)。検査当日は汚れてもよい服を着てご来院下さい。

※歯医者さんなどで局所麻酔薬を使用した際やお薬を内服した際に気持ち悪くなったなど、薬のアレルギーやアルコール過敏症などが疑われる既往がある方は事前に医師・看護師にご相談ください。麻酔薬やアルコール含有製剤を使用せずに鎮静剤のみで検査を行うことを考慮します。
※検査当日のアルコール摂取、入浴は避けましょう(シャワーは可能です。)。
胃切徐後の患者様は特に前日夕方の食事が胃内に残り易くなります。食物の残渣が胃内に残っていると検査は不良になりますし、誤嚥などの危険性が高くなります。胃もたれ感が残りやすい方も同様です。そうした患者様は前日の夕食を流動食(ヨーグルト・プリン・豆腐・ゼリー・アイスクリームなど)とすることをお勧めいたします。
※鎮静剤を使用しない場合は、すぐに帰宅できますが、鎮静剤を使用した場合は、約1時間ベッド上で休んでから帰宅していただきます。
※生検を行わなかった場合は約1時間ほどで飲食ができますが、精密検査のために生検を行った場合には長めの絶食管理が必要になります。安全のために医師の指示に従ってください。

胃カメラ検査の費用について

胃カメラ検査の実費はおよそ下記になります。

鎮静剤を使用する検査を希望された場合、実費として約1500円が追加でかかりますので、ご了承下さい。

  1割負担 2割負担 3割負担
胃カメラ(観察のみ) 2000円 4000円 6000円
胃カメラ+生検検査 3000円 6000円 9000円