慢性腎臓病について

慢性腎臓病外来

総合内科専門医が指導・治療を行います。

会社の健診で腎臓病と言われた方、最近何となく身体がだるいと感じている方・・・ 一度、診察を受けてみませんか? 腎臓は生命の維持には欠かせない重要な臓器です。機能が低下すると透析管理が必要となり、生活の質は限りなく低下します。

高血圧や糖尿病、高尿酸血症に合併する慢性腎臓病のほかIgA腎症、膠原病合併例など腎機能が悪化する要因には様々な疾患があります。

慢性腎臓病の結果、腎機能が悪化すると高カリウム血症や腎性貧血、尿毒症など、様々な合併症を生じる危険があるため、早期に適切な治療を行い、また適切なタイミングで経過観察することが大切です。腎臓病の管理で最も大切なものは血圧の管理です。免疫抑制剤による治療や透析治療が必要な場合にはすぐにご紹介となります。また、腎臓内科への紹介基準を満たした方にはその旨をお伝えします。

 

当院では腎臓内科外来との連携を行っています。

腎臓内科への紹介となる基準はこちら