院内処方・薬剤情報提供について

 当院では患者様の利便性と手数料負担の軽減を考え、基本的には院内処方をメインで行っています。一般的に、同一の薬を処方された場合、院内処方では院外処方で調剤薬を受け取るよりも約1割~3割安くなると言われています。処方薬が多くなればなるほど差が大きくなります。これは、院外薬局で調剤する場合、調剤基本料・調剤料・薬剤服用歴管理指導料が院内処方よりも高く設定されているからです。
 現在、数多くの薬が世の中には存在しておりますので、すべての薬を一診療所で用意することはできません。それでも頻繁に処方される薬はある程度決まっています。当院では基本的にジェネリック医薬品を採用し、薬価の安い薬を院内に用意することで患者様が出来る限り少ない自己負担金で適切な薬を受け取れるように努力しています。
院外処方にもメリットがあります。特殊な薬を内服されている場合は院外薬局のネットワークが役立ちますし、複数の医療機関から処方薬をもらっている場合、かかりつけ薬局で一元的に薬を調剤してもらうことは薬の重複を防ぐことにつながります。お薬の一包化を希望される場合もメリットがあります。薬剤の専門家である薬剤師の先生から詳しく説明が聞けることもメリットです。
 残念ながら、現在の日本では院外処方箋と院内処方を同時に行うことはできませんので、院外処方が必要な薬が一種類でもあるとすべてを院外薬局でもらわなければならないことをご理解下さい。
 かかりつけ調剤薬局では必ずお薬手帳を用意してくれます。当院ではその代わりに薬剤情報提供として処方薬が記載された紙をお渡しいたします。他院との重複処方を避けるため、もしお薬手帳をお持ちの場合はお薬手帳をお出しいただければ助かります。

 なお、往診診療中の場合は基本的には院外処方箋を発行させていただくことになります。ご了承下さい。