睡眠時無呼吸症候群外来

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは?

ご家族にいびきがひどいよとか呼吸が止まっていることがあるなどと指摘されたことはありますか?


皆さんの睡眠を妨げる要因のひとつとして最近注目されている病気に、睡眠時無呼吸症候群があります。

眠っている間に無呼吸状態になる病気で、SAS (Sleep Apnea Syndrome)とも呼ばれます。

無呼吸状態は、呼吸が10秒以上止まっていることをさします。この状態が7時間に30回以上、あるいは1時間あたり5回以上あると睡眠時無呼吸症候群(SAS)となります。

大事な時間であっても強い眠気に襲われたり、居眠りをしてしまったり、仕事や勉強への意欲が低下して、周囲からは「なまけもの」「だらしない人間」としてとらわれがちです。睡眠時無呼吸症候群(SAS)はまさに、社会的な問題となる病気なのです。

SASは太った人に多い病気と思われがちですが、日本人など東アジア系の人間ではやせていてもアゴが小さいなどの顔の特徴から、SASにかかる人が多くみられます。太っていないからと関係ないと判断するのは禁物です。

さらに狭心症などの虚血性心疾患や心不全、肺の病気などにかかっていると、SASを悪化させるといわれています。

また、その他の生活習慣病との関連も指摘されていますので、万病のもとではないかと考えられているのです。

睡眠中に検査をすることで、SASは診断することができます。

精密検査は入院が必要となりますが、簡易検査で診断がつくことも多く、当院外来で検査をすることができます。

まずはご相談ください。

当院では生涯現役を目標に、少しでも健康寿命を延ばせるようなアドバイスを惜しみません。