咳喘息について

咳喘息(Cough variant asthma)とは?

風邪症状などが長引いて咳が止まらなくなったことはありませんか?

通常の感冒治療薬や咳止めの効果が乏しく、2週間以上咳症状が継続する場合には副鼻腔気管支症候群、アトピー咳嗽、咳喘息、かぜ症候群後遷延性咳嗽、心因性咳嗽、胃食道逆流症による慢性咳嗽、後鼻漏による咳嗽などを考慮する必要があります。

 

咳喘息(Cough variant asthma)慢性的にせきのみが続く気管支の病気で、喘息と同じでさまざまな刺激に対して気管支が過敏に反応して狭くなり、慢性炎症やせき発作が生じます。

要因としては、花粉、ハウスダスト、カビ、ペットの毛、冷たい・暖かい風、タバコの煙、会話、運動、飲酒、精神的緊張など様々ですが、風邪症状がきっかけとなることが多く、感冒に続いて2~3週間以上せきが続くことがあれば、考慮される病気です。

 

気管支拡張薬の吸入に反応することが特徴で、かぜ症候群後遷延性咳嗽とは異なり、吸入ステロイドの治療を数か月継続することで気管支喘息への移行を予防していくことが重要です。

まずはご相談ください。