骨量検査について

当院では日立ALOKA製 ALPHYS Aを用いて、 橈骨(前腕)でDXA(DEXA)法による骨密度を測定できます。
定期的な検査により、骨粗鬆症の診断骨密度の経過観察をすることができます。
この検査に痛みは伴いません。

骨密度検査とは?

骨量・骨密度の測定で行われる測定方法のひとつにDEXA法(デキサ法)と呼ばれる測定方法があります。DEXA法はDual Energy X-ray Absorptiometry(2強度X線吸収測定法)の頭文字の略称で、★大腿骨 ★腰椎 ★前腕 などに2種類の微量のX線を当て、骨の状態をスキャンし、スキャンデータを計算することによって「骨成分」だけを測定しようとする測定方法です。
当院で採用している機器は民間の医療機関で最も普及している前腕の測定機器で、「誤差が少なく」、「放射線の被ばく量も少ない」という特徴をもっております。
※基本的に非利き腕(利き腕ではない腕)で測定します。

骨粗しょう症とは?

骨に細かいあなができて、折れやすくなる病気です。これにより、大腿骨頸部骨折・脊椎(背骨)骨折などで、寝たきりになってしまう病気です。また、初期のうちは何の症状もありませんので、早めの診断と治療をお勧めいたします。

骨粗しょう症になりやすい原因

■生活習慣などによる原因:運動不足・偏食・無理なダイエット(思春期では特に注意が必要)・日光浴不足 アルコールの飲み過ぎ・閉経による女性ホルモン減少など
■病気などによる原因甲状腺機能亢進症・クッシング症候群・糖尿病・腎不全・高カルシウム尿症・性腺機能低下症・副甲状腺機能亢進症など

骨粗しょう症の予防

まず初めに自分の骨量を知ることが重要です。
骨量は30歳後半までは増量すると言われています。それまでに出来る限り骨量を多くして、その後は骨量を減らさないようにすることが大切です。

食事 カルシウム(大豆製品・乳製品・魚介類・緑黄野菜・海草など)をできる限り多く摂取する様にします。

運動 ウォーキング・水泳など本人にあった無理のない運動を、毎日30分~1時間程度続けることが大切です。

日光浴 日光浴の紫外線は、ビタミンDを造り、カルシウムの吸収を助けてくれます。
※ 日焼けは皮膚に良くないので、夏なら木漏れ日程度で十分効果があります。

 

治療法

■生活指導:栄養・運動・禁煙・アルコールの制限など。 

■薬物療法:カルシウム製剤・骨形成促進剤・骨破壊抑制剤などの薬剤があります。

※骨量が減少してしまった方は、ご家庭のバリアフリーなど日常転びやすい所を無くす、家族みんなの協力と本人の自覚による「骨折の予防」が大切です。