禁煙外来について

喫煙は多くの方の健康を害することが知られ、こと健康に関しては「百害あって一利なし」の生活習慣です。

それにも関わらず、一度初めてしまった習慣はなかなかやめることができません。なぜなら、精神的な依存だけではなく、肉体的にも依存症になってしまっているからです。

「やめたほうが良いな~}ということはわかっている方。あなたはきっとやめることができます。何故なら、禁煙をするにはご本人の意思がとても重要だからです。

やめてやるという意思がある方は禁煙外来で禁煙のお手伝いをすることができます。

是非ご相談ください。

肺年齢を知ることで肺の健康意識を高め、呼吸器疾患の予防・早期発見をすることが出来ます。
COPD(慢性閉塞性肺疾患、肺気腫)という病気をご存知ですか?

空気の通り道である気道(気管支)や、酸素の交換を行う肺(肺胞)などに障害が生じる病気であり、そのほとんどは喫煙によるものと考えられています。進行すると酸素ボンベなしでは生活ができなくなる場合もあります。

ニコチン依存症を判定するテスト

ニコチン依存症を診断するためには

TDS(Tobacco Dependence Screener)を行います。

  

タバコ代と禁煙治療費、どっちが高い?

現在、健康保険等を使って禁煙治療が受けられるようになりました。禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で13,000円~20,000円程度です。

1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。

あなたも、健康だけではなく、将来のお財布にも優しい禁煙治療を受けてみませんか?

 

   

受動喫煙について

近年、受動喫煙と言って、喫煙者のそばにいる家族への健康被害が問題視されています。自分だけの問題ではありません。大切な家族にとっても喫煙者を家族内にかかえることはリスクになるのです。
もし、将来。あなたの家族が健康被害を訴えた場合、あなたはどのように考えるのでしょうか?

 

  

禁煙サイト「すぐ禁煙.jp」のご紹介